慢性副鼻腔炎治療

副鼻腔炎が起こる原因としては、まず風邪などのウィルスや 細菌の感染によって鼻腔に炎症が起ります。最近、いままでのタイプ(細菌感染)とは異なる、治りにくい慢性副鼻腔炎が増えていて、注目されています。それは好酸球性副鼻腔炎です。
慢性副鼻腔炎には治らない病気というイメージがありました。しかし、新しい医療で多くの慢性副鼻腔炎が克服できるようになりました。治療には保存的治療(薬や鼻かみなど)と手術的治療があります。
基本的には、難治性の副鼻腔炎(ポリープの存在、好酸球性副鼻腔炎、高度の鼻中隔湾曲症を伴う場合など)を除いて、まず薬による治療を1〜2ヶ月程度行います。この治療に抵抗する場合手術的治療を行います。
従来の抗生物質(マクロライド系)が効きにくいため、内視鏡手術で鼻タケなどを除去し、副鼻腔内をきれいにしてから、好酸球をおさえる薬などで治療をおこないます。鼻タケが少ないほうが手術も軽く済むので、濃い鼻汁やひどい鼻づまりの場合には早めに受診して治療を受けるようにしましょう。また、再発しやすいので、医師の指導にしたがって気長に治療に取り組むことも大切です。
一方、アレルギー性鼻炎や気管支喘息の人が、慢性副鼻腔炎を併発するケースも増えています(その逆に、慢性副鼻腔炎の人が気管支喘息などを併発するケースもあります)。どちらもアレルギーがなんらかの悪影響をもたらしていると考えられていますが、こうしたケースでは片方の治療だけでは完治しにくいので、耳鼻咽喉科、呼吸器科、内科などが連携して治療を進める必要があります。アレルギー性鼻炎などがある場合には、医師にその旨を伝えるようにしましょう。
慢性副鼻腔炎の治療は薬物から手術までさまざまあります。どのような治療方法が適用されるかは、症状の度合いによって変わってくるので、ドクターの判断が必要になります。自分と合う治療方法を選んでください。